FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西日本豪雨

誰しもが予想だにしなかった西日本豪雨による爪痕…
汚泥に浸かってしまった厨房機器の撤去や移設に、避難場所への冷凍庫設置、そして
弊社の従業員のご親族の被災地の片付けに社員の有志を募って行ってきました。
水のしみこんだ土壁と石膏ボード…きっとここには僕にはわからない家族のいろんな思いが詰まっているんだろうなと思いながら解体作業をしてきました。
50年かけて積み上げたものが一瞬にしてなくなってしまった…と老夫婦が言われていたそうです。
そのおばあさんがひたすら大きいスコップで汚泥とゴミを掬い出しているうしろ姿になんとも言えない気持ちになりました…
まだまだ先が見えない状況です…
English follows after Japanese..
Scars caused by heavy rain in west Japan that everyone did not anticipate ... 
We installed a freezer at the place of refuge, removed disaster kitchen equipment that had been immersed in sludge. I had been recruiting employees' volunteers and went co-workers relatives place which in Kurashiki city, okayama pref Mabi.
Water imbibed earth wall and plaster board ... I worked on dismantling thought that there should be some memories in this house even this wall that I don't know...
It is said that an old couple had said that what they stacked over 50 years has gone away in an instant...
That grandmother was just scooping big squeeze and scooping out sludge...
It became a feeling of being impossible to say anything ... 
We all are still in a situation where we can not see the destination ...
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。